スタッフブログ

もしも 未来を変えたいなら

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

 

私自身、今年は“年男”(48歳)。
干支は猪。“猪突猛進“で、今年も頑張ります!!

 

新年を迎え、皆様も、様々な目標を立てられたのではないでしょうか。
「会社での昇進」、「資格試験に合格」、「7kgダイエット」
「家族との海外旅行」、「今年こそマイホーム」等。

 

「やります!」、「こうします!」、「行きます!」と、
約束をするのは他人とではない、自分との約束。
だから、約束を守らなくても、大きなペナルティは起こりません。

自分の心の中で、「もういいや」と「いやいやいかん」のせめぎ合い。
自分との約束を反古にしたい自分自身の心の弱さ。
絶対にお酒を飲まないと決めておきながらついつい酒を飲んでしまったり、
必ずやり遂げると決めた仕事を途中で投げ出してしまったり。
もちろん誓いや約束を反古にするのは良くないことです。

 

そんなことは当の本人だって分かっているのです。
だからこそ何度も何度も葛藤する。
「もういいや」「いやいかんいかん」「もういいや」
「いやいかんいかん」・・・と。
それは意志と心との戦いでもあります。
頭では「いかん」と考えていながら、心が言うことを聞かない。

 

結果、どちらを選択するのか。
それは本人の意志の強さで決まると考えられます。
このせめぎ合いが始まった時点では、結果は五分五分。
「もういいや」と「いやいかんいかん」が何度も何度も繰り返され、
最後にどちらか一方で決まります。

 

嫌な事は長続きしません。無理矢理続けると病気になります。
だから、苦にならないことに挑戦する。
苦にならない程度にやる。
それも、毎日少しずつ。
でも毎日、小さなこと(約束)を積み重ねることは、
もの凄く大きな努力であるような気もします。
努力=嫌なことを我慢して頑張るというイメージがあります。

 

毎日、同じことをコツコツと続ける。
実は誰でもやっています。
ただ自覚がないだけ。
例えば、皆さんが毎日行っていること。
毎日歯を磨くことは大変な努力と言えるでしょうか?
毎日お風呂に入ること。
毎日電車に乗ること。
毎日同じTV番組を見ること。

 

自覚がないということは、目標に向かっていないということ。
そう毎日やることは、努力ではない。
大事なことは、何をやるか、意思を持って行動すること。

 

小さなこと(約束)の積み重ねが、人生をとんでもないものにする。
小さな水のしずくが岩に穴を開けてしまうことも事実。

 

もしも未来を変えたいのであれば、 今を変えるより他に方法はありません。
今考えていないことを考える。
今やっていないことをやる。
1日10分で十分。
苦にならない、新しい10分を自分の習慣の中に埋め込むこと。
これだけで未来は大きく変わることでしょう。

 

1日に必要なカロリーよりもほんのちょっと多めに食べれば、
未来の自分はデブになります。
1日に必要なカロリーよりもほんのちょっと少なく食べれば、
未来の自分は痩せています。

 

ほんの一口の差。
それが未来の自分を大きく変えることでしょうね。

 

大村

株式会社オームラ設計
〒458-0037
名古屋市緑区潮⾒が丘
2丁目20番地
TEL:052-896-5662
FAX:052-891-7567
アクセスマップ
資料請求はこちら
インスタグラム
クリックでページトップへ