スタッフブログ

考えすぎない生き方

みなさん、こんにちは。

世相を漢字一字で表す「今年の漢字」は、「密」。
コロナ禍の世相を反映した結果、今年を代表する言葉ですね。
とにかく今年は、皆さんも、コロナ関連に振り回された1年だったのではないでしょうか。

「来年は1日も早く平穏な日常が戻ってきてほしい」
「密が悪くない社会に戻ってほしい」
「来年はどうか明るい漢字になります様に…」。

 

私自身も、この時期は、社会での出来事を振り返りながら、
自分の周りに起きた出来事を振り返ります。
その時に、自分の中で、大切にしていることは「考えすぎないこと」。

 

過去これをやって上手くいかなかったから、もう二度とやらない。
これをやったらこういう事態が起こるかもしれないから、やらない。
過去の体験をもとに、現在、将来を考えると、過去に囚われることになります。

確かに、今のことしか考えない「その日暮らし」では困ります。
先を見据えて今を生きることは、とても重要。
でも、先のことばかり考えて、不安になることは、もっと意味がないこと。
なぜなら、その不安はまだ起こっていないこと。
不安とは、まだ起こっていないことに事柄に対して抱く感情。
起こってしまったら、もうそこに不安はない。
起こってしまったことは、対処するより他にない。

 

当然、未来の困難が起こらないように、今やるべきことをやる。
それは、とても大切なこと。

反面、勉強をしなければ、体力をつけなければ、
友達をたくさん作らなければ、将来困ることになる。
でも、どんなに勉強したところで、どんなに体力をつけたところで、
何人友達を作ったところで、
未来の困難は、起きる時は、起きてしまうもの。

勉強しすぎたことが原因で失敗する人もいれば、
体力がなかったことがきっかけで、成功する人達もいます。
結局、どうなるかは、誰にも予測できない。

 

大事なことは、「考えすぎない生き方」だと思います。
過去の体験に囚われない。
そして、未来の不安にも囚われない。
不安に囚われずに、今を笑顔で生きること。

「こうなったから」とか、
「こうならないために」という先入観が、今現在を不安に陥らせる。

過去は、関係ない。
未来は予測できない。
現在だけが現実。

考えても仕方のないことは考えない。
「明日、雨に降られると困る」とどれだけ心配しても、降るものは降る。

 

と、偉そうに書いていますが、
不安に囚われそうになる自分自身に、鏡を見ながら毎日、言い聞かせています。

「大丈夫、何とかなるから!」

 

大村

株式会社オームラ設計
〒458-0037
名古屋市緑区潮⾒が丘
2丁目20番地
TEL:052-896-5662
FAX:052-891-7567
アクセスマップ
資料請求はこちら
インスタグラム
クリックでページトップへ