住まいのQ&A

リフォームは、どういう実績がありますか?

色々なケースのリフォームをさせていただいています。

その中で多い実績は、

新築された住まいの子ども室リフォーム

お子さんがまだ小さい時は、子ども室を仕切らず、リフォーム1-1

のびのびと広い空間で使うことをお勧めしています。

やがてお子さんが大きくなり、「自分の部屋がほしい」
と思われる頃に、子ども室を仕切るリフォームを行っています。

 

耐震補強に伴うリフォーム

1981年以前に建てられた木造住宅は、現在の建物より耐震性能が
劣るケースがほとんど。

将来に備え、耐震補強をする際に、床・壁・天井もリフォームされる
ケースが多いです。リフォーム1-2

リフォームしようか?建て替えようか?
悩まれるお客様も多いです。

 

■建て替え( 新築)
メリット
・自由に設計できる
デメリット
・リフォームより割高になる
・間取りや景観は、図面だけが頼りなのでイメージしにくい


■ リフォーム
メリット
・新築より割安で済む
・建物が実在するので、周囲の状況や景観などイメージしやすい
デメリット
・建物の老朽化が激しい場合、追加費用が発生する
・構造や間取りを大きく変更することは困難
(変更する場合は、新築の方が割安になる場合も)
・家との”思い出”がなくなる

 

※リフォームにおける注意点

  1. 構造
    特に、1981年以前に新築された建物は、
    現在の建物より耐震性能が劣るケースがほとんど。
    必ず、耐震補強をしましょう。
  2. 雨漏り
    雨漏りがある場合は、壁をめくり、
    柱・梁などの構造材のチェックが必要。
    腐っている可能性が高いです。
  3. 白あり被害
    防蟻処理をしていない場合は、お風呂まわりは、
    白あり被害がある可能性が高いです。
    床下もチェックしましょう。

 

クリックでページトップへ