建築実例

眺めのいいロフトまで吹き抜けが続くお家

吉富様邸

【建築する前の敷地の様子】こちらの敷地は、道路との高低差があり、南垂れで陽当たりの良い場所。
駐車場を道路の高さに、建物は敷地の高さに合わせることで、周囲の視線を気にすることなく、開放感のある明るいLDKを1階に配置できました。
眺望を活かし、リビングの外側に設けた広いウッドデッキは、風を感じながらゆっくりできる、気持ち良い空間になっています。

 

設計士からみたワンポイントアドバイス

【室内と外をつなぐウッドデッキ】
リビングの床の延長として、室内の床とほぼ同じレベルで自然と同化した気持ち良い
ウッドデッキ。
ここにハンモックを置き、ゆっくり揺られながら読書も気持ち良さそうです。
今回の場合は、フルオープンサッシを用いているため、室内とのつながり効果が大きく、
ウッドデッキの板の張り方向もリビングの床に揃えているため、室内がさらに広く感じます。


IMG_4859hpご夫婦とお嬢さん1人の3人家族が暮らす木造二階建住宅です。 「住まいの設計教室」で熱心に勉強され、リビングの外に広がる広いウッドデッキをご希望。周りの視線が気にならない道路と高低差のある宅地が見つかり、住まいづくりがスタートしました。

 

 

吹き抜け

南北に大きな開口(窓)を設け、
家の中心にロフトまで続く大きな吹抜けがあります。

この吹抜けがあることで家中の空気の流れをつくり、
どこにいても気持ちいい空間になりました。

IMG_4826hp2(1)

 

キッチン

奥様お気に入りのセンターキッチンは、
休日になるとご家族で一緒に料理を作りたいという
ご希望で、大きめのキッチンに。

IMG_4779hp2(1)

外に続く広いリビング

リビングのサッシをフルオープンにすると、
フラットの状態でウッドデッキに繋がり、
ご夫婦のご希望だった外に続く広いリビングに。

道路との高低差があるため、周囲の視線を気にせず、
ウッドデッキにテーブルを出して、
ランチやバーベキュー、ディナーを楽しんだり、
星空を眺めながら晩酌も楽しめます。

IMG_4822hp2(1)

IMG_4780hp2(1)

和室

リビングの横にある一段高くなった和室は、
掘りごたつのある机で読書やパソコンを楽しんだり。

来客時には客間として使えるよう、
2組のお布団を収納できる床下収納も設けました。

IMG_4856hp2(1)

ロフト

眺めのいいロフト。
ここから、夏になると花火が見えるそうです。

刈谷市、東海市、長島スパーランドの花火も…。
思わぬサプライズに嬉しそうなご家族でした。

IMG_4807hp2(1)

 

株式会社オームラ設計
〒458-0037
名古屋市緑区潮⾒が丘
2丁目20番地
TEL:052-896-5662
FAX:052-891-7567
アクセスマップ
資料請求はこちら
インスタグラム
クリックでページトップへ