建築実例

眺望を愉しむお家

設計士からみたワンポイントアドバイス

高台や眺望に恵まれた敷地の場合、遠くの風景を借景として室内に取り込むことがあります。それは、視覚的な広さを得たいという思いと、家の中にいても自然を感じられるようにという思いから。
遠くの景色を取り込むことで、そこならではの、そこにしかない建物が出来上がります。

_Z3G4614hpご夫婦とお子さん1人の3人家族が暮らすお家です。

高台の敷地の特長を活かし、キッチンに立った位置から遠くの景色が眺められるよう、南東方向にコーナー窓を配置しました。
2階にLDKを配置。周りの視線が気になることもなく、プライベート空間で心地よく暮らせます。
お子さんの誕生とお引渡しが同時期にあり、おめでたいことが重なりました。お子さんの成長とともに住まいも少しずつ手を加えながら、楽しく快適に暮らしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

2階リビング

眺めの良い2階にLDKをL字に配置。
無垢の床はアカシアを使い、ランダムに張った羽目板の壁で
個性的な雰囲気に。
ダイニングキッチンの勾配天井にも羽目板を施し、
木の質感を楽しめる心地よい空間になりました。

_Z3G4685hp

_Z3G4697hp

 

眺望を愉しむコーナー窓

リビングの奥にあるコーナー窓。
キッチンに立った位置から、この窓を通して眺望を楽しめます。
手前にある出窓はベンチとしても使え、ここからも景色を楽しめます。

_Z3G4705hp

 

ダイニングキッチン

システムキッチンの横にダイニングテーブルを配置。
リビングにいるお客様から見えないよう、
キッチンの奥に冷蔵庫を配置しました。
統一感のある造り付け収納は耐震性があり、スペースを有効に使えて便利です。

_Z3G4737hp

_Z3G4801hp

 

スタディコーナー

ダイニングの横に設けたスタディコーナー。
お子さんの勉強に、パソコンコーナー、読書コーナー、
家事コーナー、テレワークスペースとしても使えます。

_Z3G4781hp

 

キッチン収納

システムキッチンの奥に設けた収納。
奥にある収納はパントリーに、
手前にある上部収納は、軽いモノ、普段あまり使わないモノ用に、
カウンターは、キッチン家電用に、
カウンター下はフリースペースで分類ゴミ箱用にも使えます。

_Z3G4768hp

 

子ども室

お子さんが小さい時は、広い空間を自由に使って遊べるよう、可変性を持たせました。
個室がほしくなる時期に合わせ、2室に分けるリフォームを行います。

_Z3G4675hp

 

 

株式会社オームラ設計
〒458-0037
名古屋市緑区潮⾒が丘
2丁目20番地
TEL:052-896-5662
FAX:052-891-7567
アクセスマップ
資料請求はこちら
インスタグラム
クリックでページトップへ