住まいのQ&A

私の”こだわり部分”や”イメージ”をうまく伝えるコツはありますか?

「いかに伝えるか」、とても大事です!!

あなたが考えていること(イメージ)が、
”設計担当者に正確に「伝わって」いるか?”ということが
とても大切になります。

 

例えば、「対面型キッチン」を思い浮かべた時、
あなたの頭の中には、どんなキッチンのイメージが浮かんでいますか?

あなたの頭の中の「対面型キッチン」、
私の頭の中の「対面型キッチン」、
違うイメージを浮かべているかもしれません。

設計の打ち合わせで一番大事なことは、
あなたの”想い”と設計担当者の”イメージ”をすり合わせることです。

 

具体的な2つの方法として、

①自分が気になった建築写真等を見せる

建築雑誌からの”写真切り抜き”、 ”カラーコピー”等、スクラップ帳にして、
設計担当者に伝える。
(※建築雑誌は高価なので、最寄の図書館を利用するのもひとつの手です。)

プランについて3-1

 

②「なぜ?」と、質問を常に自分に問いかけ、
「モノ(物)」でなく「コト(事)」を設計担当者に伝える。

例えば、「なぜ、対面型キッチンなのか?」と考えてみる。

あなたは、「対面型キッチン」という「モノ(物)」が、
ほしい訳ではないはずです。

”キッチンで、子供達と一緒に料理をして、
楽しい時間を過ごしたい”という「コト(事)」がほしかったと
気づくかもしれません。

プランについて3-2

 

この2つのことを設計の打ち合わせの前に用意すると、
あなたの想いがスムーズに伝わり、
設計担当者からよりよい提案が出てきます。

何を伝えるのかも重要ですが、想いを分かりやすく伝える。

「いかに伝えるか」、とても大事なことです。

クリックでページトップへ